賃貸と購入を徹底解剖!

家を持つ時によく耳にするのが「賃貸 VS 購入」ですが、どちらが良いのかは住む人のライフスタイルやご自身の優先順位に委ねられますので、一概にどちらが良いか結論付ける事は難しいと言われています。しかし、どちらがご自身に合っているのかを判断することはできます。そこでよくある質問を元にシミュレーションしてみました。

賃貸と購入だったらどっちの方が得なの??

どちらが。と結論づけは難しいですが、
賃貸は資産になりません。

その人のライフスタイルや、収入などによって簡単にどちらが得か結論付けるのは難しいですが、賃貸の場合長い目で見れば見るほど「生涯に渡り、自分の財産にならないお金を払い続ける」という事は間違いありません。生活する上で家にお金を支払う必要があるならば、資産となる持ち家にお金を支払う事をお勧めしています。さらに持ち家の場合、ローン完済後には売却し、次の家への資金とすることも可能です。

資産にならない支出が続き、老後も家賃を支払い続ける

今の家賃位で幾らの物件が買えるの??

家賃10万円/月(35年間)を払っている場合、
3500万円の物件が購入可能です。

たとえば、家賃を毎月10万円支払っている場合、これを35年の住宅ローンにすると、3500万円の物件が購入できる計算になります。購入の場合、完済すれば自分の資産となり、子供や孫に残すこともできます。賃貸の場合は35年を過ぎても住んでいる限りは家賃を支払い続けなければなりません。35年経ったとき、あなたは何歳ですか?賃貸と持ち家、どちらに住んでいるでしょうか。

35年ローンの支払い金額

現在の家賃から探す早見表

現在の家賃でどのくらいの物件を買えるのか計算したい方に、家賃の額から探せる一覧表を掲載しました。この表は頭金なしで計算しています。現在は金利が低金利という事もあり、銀行から借りやすくなっている事も影響しています。ずっと払い続ける賃貸か。自分の財産となる購入か。判断する一つの検討材料となります。

家賃とローン返済の早見表

※頭金なし、金利3%、元利均等返済の場合
※管理費・修繕積立金・固定資産税などの負担が別途必要になります

持ち家は良いって聞くけど、何が違うの??

賃貸では難しい内装変更や間取り変更など
ご自身に合った家を持てます。

住み心地で比較

賃貸と購入 住み心地の比較

DOリノベーション施工事例

DOリノベーション施工事例
さらにこんなポイント!
  • RENATUSを購入しても、新築の2/3の費用に収められる!
  • 物件+リノベの費用が住宅ローンとして一括で組むことが可能です。

現在の家賃でどのくらいのマイホームを買えるのと思った方のために、家賃の額から探せる一覧表を掲載しました。ヨコ軸があなたの現在支払っている家賃の額、タテ軸はローンの返済期間と考えてください。この表は頭金なしで計算しています。あれ?意外と家賃と変わらないな。と思った方も多いと思います。現在は金利が低金利という事もあり、銀行から借りやすくなっている事も影響しています。ずっと払い続ける賃貸か。自分の財産となる購入か。判断する一つの検討材料となります。

買わないまま一生過ごした場合どうなる??

老後の生活費とは別に家賃に充てるお金も
貯蓄しておく必要があります。

老後を考えると、家賃の場合、より計画的な貯蓄が必要になります。一般に老後の生活費は一人あたり3,000万円必要と言われています。賃貸暮らしを続ける場合、この資金とは別に家賃の貯蓄も必要になります。つまり、負担額は現役中と同じレベルだということです。働き盛りのうちにローンを完済できるようにしたいのであれば、早めに買って完済してしまう方がご自身の資産になり、住替え時に売却するなど、安心して老後を迎えることができます。

賃貸と購入 老後資金の比較